震災義援金に300万円 レジャーホテル協、福島県へ贈る

 
県庁で行われた義援金贈呈

 日本レジャーホテル協会は26日、県に東日本大震災に伴う義援金として300万円を贈った。
 同協会が全国の宿泊施設で販売したミネラルウオーターの売り上げの一部を充てた。同協会の久保田正義常務理事が26日、県庁で伊藤剛保健福祉部長に目録を手渡した。県レジャーホテル協会の柳沼宏昌会長が同行した。