復興支援「野村ブランド米」 俳優・野村将希さん 郡山で稲刈り

 
コンバインを操縦し、稲を刈り取る野村さん

 俳優の野村将希さん(68)が27日、郡山市湖南町で稲刈りを行った。野村さんは、東日本大震災の復興支援として、昨年度から湖南町で「野村ブランド米」を生産している。「風評の払拭(ふっしょく)に向けて協力したい」と意気込んでいる。

 本年度からは、種まきから稲刈りまでの工程を担う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で昨年に続き、稲刈りのみを行った。野村さんは、地元農家の指導を受けながらコンバインを操縦し、稲を刈り取った。

 来年度は、俳優やモデルとして活躍する息子の野村祐希さん(27)と一緒にコメ作りをしたいという野村さん。「来年こそは種まきから稲刈りまでを手掛けたい」と意欲を見せ、「いまだに福島の特産物に違和感を覚える人もいるというが、全く心配ないので、ぜひおいしく食べてほしい」と語った。

 本年度の「野村ブランド米」は11月中旬ごろから、同市の「夢住まい館」と「プレステージ」の2店舗で来場者に無償で配布する予定。数量限定。