豪雨から命守る知識とは...、小名浜二小でいわき建設事務所が講座

 
災害発生時に取るべき行動などを説明する遠藤専門員

 県いわき建設事務所は27日、いわき市の小名浜二小で、豪雨から命を守るための知識を伝える出前講座を開いた。同校の5年生約80人が洪水や土砂災害などの危険性について学んだ。

 自然災害から自分の命を守れるように防災意識を高めてもらおうと開催した。同事務所の遠藤幸男専門員が災害発生時に取るべき行動などを説明し、普段から天気予報を確認することの大切さなどを語った。

 また県砂防ボランティア協会員が、土石流や崖崩れが起こりやすい土地の模型を使い、大雨のときなどは早めに避難する必要があることを伝えた。