倉村ふるさと保存会が知事賞 地域活性化の優良活動表彰

 
鳥獣害の防止対策などに取り組む倉村ふるさと保存会のメンバーら

 県多面的機能支払推進協議会は29日、多面的機能支払交付金優良活動表彰の選定結果を発表した。最優秀賞の知事賞に倉村ふるさと保存会(下郷町)、優秀賞・福島民友新聞社賞には小川地域環境保全協議会(福島市)が選ばれた。

 農地維持や農業・農村の多面的機能発揮のため、多面的機能支払交付金を活用して地域活性化に取り組む組織を表彰している。

 倉村ふるさと保存会は、鳥獣害防護柵の設置や花の植栽、住民の交流イベントの開催などにより、地域農業の継続やコミュニティーの維持を支えている点などが評価された。小川地域環境保全協議会は、農業用施設の補修や花の植栽など景観形成活動に力を入れるほか、新規就農者の育成にも取り組んでいる。

その他の受賞団体

 優秀賞・福島民報社賞=北塩原村多面的機能支払広域協定(北塩原村)▽特別賞=泉崎地区資源保全会(いわき市)新屋敷地域資源保全会(石川町)