郡山、喜びと感謝を歌に乗せ 全日本合唱・高校部門1位

 
演奏後、充実した表情で記念撮影に臨む郡山の部員たち

 部員たちは「合唱王国」の誇りを胸に、伸び伸びとした歌声で会場を包んだ。大分市のiichiko総合文化センターで30日に開かれた第74回全日本合唱コンクール全国大会高校部門では、Bグループで郡山が3大会連続の全国1位を受賞した。会津は5大会連続の2位に選ばれ、全国1位、2位を独占した。Aグループでは、安積黎明が10大会ぶりの全国2位に選ばれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で2年ぶりとなった晴れの舞台で、部員たちは努力の成果を披露した。

 3大会連続3度目の文部科学大臣賞を受賞した郡山。澄んだ歌声を会場に響かせ、舞台を後にすると、こらえていた涙があふれた。「最後の響きまで幸せな時間だった」と三瓶将史部長(3年)。2年ぶりとなる有観客での舞台で、部員は歌う喜びや感謝の思いを歌声に乗せ、観客に届けた。

 新型コロナウイルス感染防止対策のため、練習中もマスクの着用は欠かせず、口の形や発音をそろえるのが難しかったという。それでも、「マスクのおかげで普段よりも言葉を大切にできた」と三瓶部長が振り返るように、部員全員で逆境を力に変えた。

 自由曲は、混声合唱組曲「五つの願い」から「6 若さのイメージ」(谷川俊太郎作詩、三善晃作曲)と、合唱組曲「五つの童画」から「5 どんぐりのコマ」(高田敏子作詩、三善晃作曲)の2曲。「若さのイメージ」では、疾走感のあるリズムで、高校生らしい「若さ」や「自由」を表現した。「どんぐりのコマ」では、部員が公園などで拾ってきたドングリを握りながら練習するなど、曲のイメージを膨らませ、困難の中にも希望を見いだして生きる姿を力強く歌い上げた。

 「素晴らしい演奏を特等席で聞くことができて幸せだった」。指揮を執った佐藤朋子顧問は涙を浮かべながら、困難を共に乗り越えた部員に感謝を伝えた。

知事「県民に感動」

 内堀雅雄知事らは日本一に輝いた郡山をたたえるコメントを発表した。内堀知事は「努力の成果が日本一という快挙につながったことを心からうれしく思います」とし、「県民に元気と感動を与えてくれました。皆さんの素晴らしい歌声が、これからも県民を笑顔にしてくれることを期待しています」と祝福した。

 品川萬里郡山市長は「新型コロナ禍の中でニューノーマルな練習など並々ならぬご努力に心から敬意を表します。日本一を支えてくださった学校、先生方、保護者はじめ関係者の皆さまに心からお祝いと感謝を申し上げます」とコメントした。

 鈴木淳一県教育長は「さまざまな制約があった中、仲間を信じ、共に練習を積み重ねてきた成果が存分に発揮され、このような素晴らしい結果につながったことをうれしく思います」とした。