会津、恩師送る舞台 全日本合唱・高校部門2位

 
本年度で定年退職となる大竹教諭(後列中央)を囲んで記念撮影する会津の部員たち

 部員たちは「合唱王国」の誇りを胸に、伸び伸びとした歌声で会場を包んだ。大分市のiichiko総合文化センターで30日に開かれた第74回全日本合唱コンクール全国大会高校部門では、Bグループで郡山が3大会連続の全国1位を受賞した。会津は5大会連続の2位に選ばれ、全国1位、2位を独占した。Aグループでは、安積黎明が10大会ぶりの全国2位に選ばれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で2年ぶりとなった晴れの舞台で、部員たちは努力の成果を披露した。

 「今まで積み重ねてきた成果を出すことができた」。会津の渡部珠羽(しゅう)部長(3年)は、目標の1位には届かなかった悔しさをにじませながらも、全国2位の結果を前向きに捉えた。「観客に圧倒された。温かい拍手がとてもうれしかった」と久しぶりの有観客のステージを振り返った。

 スウェーデンの作曲家が手掛けた2曲を自由曲に選んだ。亡くなった人の魂を海の波が天国に運んでいく荘厳な光景や、疲れ切った心を癒やしてくれる海の偉大さをダイナミックに歌い上げた。

 長年顧問を務め、本年度で定年退職となる大竹隆教諭は「生徒たちの声を聞きながら、楽しんで指揮をすることができた」と穏やかな表情を浮かべた。「最後のステージ」を終えた恩師に対して、渡部部長は強い感謝の気持ちを口にした。「3年間かけて音楽の魅力を教えてくださって、本当にありがとうございました」