憧れのプロ棋士と「指導対局」楽しむ 竜王戦記念将棋

 
記念将棋大会の参加者と指導対局する山口女流二段

 第34期竜王戦7番勝負第3局は30日、いわき市のいわき湯本温泉にある「新つた」で始まった。豊島将之竜王(31)と藤井聡太三冠(19)が盤上で熱戦を繰り広げ、豊島竜王が46手目を封じて初日を終えた。対局は31日午前9時に再開する。同日午前10時30分からは大盤解説会が開かれる。読売新聞社、日本将棋連盟の主催、いわき市、福島民友新聞社、日本将棋連盟県支部連合会などで組織する実行委員会の共催、野村ホールディングスの特別協賛、東急グループ、UACJ、旭化成ホームズ、あんしん財団、日本中央競馬会の協賛。

 竜王戦の対局を記念した将棋大会が新つた内で開かれた。階級ごとに分けられた3クラスに計約45人が出場し、優勝を争った。

 対局で敗れた人を対象に「指導対局」も行われた。佐々木慎七段、伊藤真吾六段、山口恵梨子女流二段の3人が対戦相手を務め、将棋ファンが憧れのプロ棋士との対局を楽しんだ。

 指導対局に臨んだ男子児童(8)は「山口女流二段から『うまく攻められたね』と言われてうれしかった」と声を弾ませた。