藤井三冠が3連勝 最年少四冠に王手、いわきで竜王戦第3局

 
3勝目を挙げ、豊島竜王(右)と対局を振り返る藤井三冠=31日午後6時30分ごろ、いわき市・新つた

 第34期竜王戦7番勝負の第3局2日目は31日、いわき市のいわき湯本温泉にある新つたで指され、先手の藤井聡太三冠(19)が93手で豊島将之竜王(31)に勝利し、開幕局から3連勝で竜王位とともに最年少四冠に王手をかけた。

 対局終了後、藤井三冠は「多くの人が対局を見てくれた。今後も注目に見合う良い内容の勝利を見せたい。(福島県に)初めて来たが、歓迎してくれてありがたかった」と語った。豊島竜王は「温かく迎えてくれ、集中して指すことができた」と話した。

 第4局は12、13の両日、山口県宇部市のANAクラウンプラザホテル宇部で指される。

 第3局は読売新聞社、日本将棋連盟の主催、いわき市、福島民友新聞社、日本将棋連盟県支部連合会などでつくる実行委員会の共催、野村ホールディングスの特別協賛。

 好手の応酬、激戦制す

 午後6時10分、静かに豊島竜王が一礼して投了を告げた。藤井三冠は終盤に主導権を握ると、最後は一気に押し切った。

 豊島竜王の封じ手は3三金。その後狙い通り5五角を打ち、攻める機会をうかがった。対する藤井三冠は3四歩と打ち込み相手の飛車をけん制した。

 じりじりとした主導権争いが続く中盤戦を見せた両者。攻め合う激しい展開を予感させたところで、昼食となった。

 昼食後から次第に藤井三冠に形勢が傾いていった。驚きの一手は2二角の打ち込み。駒損を防ぎつつ、飛車の成り込みを狙う手で、ここから藤井三冠が主導権を握り始めた。

 受けに回った豊島竜王も食い下がる。2四桂や2七馬などの意表を突く手を繰り出し馬と竜で相手王将に迫ったが、詰めるまでには至らなかった。藤井三冠は攻めつつも5九香で守りを固めるなど、冷静だった。

 次局に向けて、藤井三冠は「考えても分からないことも多く、判断がまだまだだと感じた。少しでも修正して臨みたい」とした。「(本局は)基本的に自信がなかった」という豊島竜王はもう後がない。「内容を良くしていき、一局でも多く指せるようにしたい」と意気込んだ。