東京電力強制起訴、2日から控訴審 東京高裁、長期評価が争点

 

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴され、一審東京地裁で無罪判決を言い渡された勝俣恒久元会長(81)ら東京電力旧経営陣3人の控訴審初公判は2日午後1時30分から、東京高裁で開廷する。控訴審では、一審判決で否定された、政府がまとめた地震の規模や切迫度に関する予測「長期評価」の信頼性が再び争点になる見通しだ。

 被告は勝俣元会長のほか、武黒一郎元副社長(75)、武藤栄元副社長(71)。一審では、東電が事前に福島第1原発を襲う大津波の発生を予見することができたか、十分な安全対策を講じたならば原発事故は防げたのかどうかが争われた。

 検察官役の指定弁護士は、旧経営陣の3人が事故前に長期評価に基づき最大15.7メートルの津波が来る可能性があるとした試算を知りながら、「津波襲来の危険性を知りつつ、対策をしなかった」と主張した。一方の弁護側は、長期評価は信頼性が欠け、「大津波は予見できなかった。仮に試算に基づく対策をしても、事故は防げなかった」と主張した。

 一審判決は、政府の長期評価の信頼性を否定し、禁錮5年の求刑に対し無罪を言い渡した。指定弁護士はその後、長期評価は信頼性があり、判決は事実誤認であるとして控訴した。高裁の審理では、専門家の証人尋問や裁判官による第1原発周辺の現場検証を求めている。

 起訴状によると、3人は大津波の対策を怠って原発事故を招き、長時間の避難を余儀なくされた双葉病院(大熊町)の入院患者ら44人を死亡させたほか、原子炉建屋の水素爆発で自衛官ら13人にけがを負わせた、としている。

 両元副社長出廷、元会長は欠席へ

 控訴審に出廷の義務はないが、2日は3人の被告のうち武黒、武藤の両元副社長が出廷する。勝俣元会長は、体調不良を理由に欠席する。