福島県文化功労賞2人表彰 芸術部門受賞・菅野さん、田村さん

 
県文化功労賞を受けた菅野さん(左)と田村さん

 県文化功労賞の表彰式は「文化の日」の3日、福島市で行われた。いずれも芸術部門で受賞した全日本合唱連盟常務理事の菅野正美さん(66)=須賀川市=と、県演劇団体連絡会長の田村学(本名佐藤勲)さん(79)=いわき市=の2人に賞状やメダルが手渡された。

 表彰式では、内堀雅雄知事が「お二人の取り組みは本県文化の向上、発展に大きく寄与する。これまでの功績に深く敬意を表する」とあいさつした。

 菅野さんは「小学生で合唱を始め、中学、高校、大学と続け、教職に就いてもともに歩んできた。今年で55年目となり、身に余る栄誉で感慨深い。今後も精進していきたい」と述べた。

 田村さんは「多くの演劇人、関係者の活動によっていただいた賞。受賞を契機に、地域文化の灯をともし続け、幅広く多様性に富んだ舞台芸術の創造に力を注いでいきたい」と語った。

 文化功労賞は、本県の文化の向上に著しい業績を残した個人を表彰するもので、本県文化の最高賞に位置付けられている。1952(昭和27)年の創設以来、今回の受賞者を含め128人が受賞している。