「147年の歩みに感謝」 統合予定の東湯野小、最後の学習発表会

 
劇の最後に「ARIGATO」の文字を掲げる3、4年生

 本年度末で廃校となる福島市飯坂町の東湯野小は10月30日、同校で学習発表会を開いた。各クラスが147年間の歩みを振り返る発表などを披露し、東湯野や地域の人々への感謝を表現した。

 同校は、市教委が進める小学校再編計画で、来年度から湯野小と統合される。児童14人が内容を話し合い、最後の学習発表会を開いた。

 1、2年生3人は「大好き東湯野!」の劇を発表、楽器演奏も織り交ぜながら地域への思いを表現した。3、4年生7人は「ありがとう東湯野小学校」の劇を演じた。音楽やダンスも繰り広げながら学校生活を紹介し、劇の最後には一人一人が「ARIGATO」のパネルを掲げて感謝の気持ちを示した。

 5年生は総合的な学習の時間で調べた学校の歴史を紹介、挑戦の「挑」の文字を大きな紙に書く書道パフォーマンスも行った。同校と交流を続けてきた同市出身のシンガー・ソングライターMANAMIさんのミニコンサートも開かれ、児童と一緒に歌詞を考えた「なかよし東湯野」を全校児童の合奏で披露した。

 第2部では青少年健全育成推進会の講演会も開かれ、同市出身のタレントなすびさんが講演した。