浜通りで「陸上養殖」実証実験へ 都内の企業、新たな技術活用

 

 エビや魚などの陸上養殖システムの設計や開発などを手掛ける「ARK(アーク)」(東京都)は来年1月以降、浜通りで陸上養殖の実証実験を行う。

 駅構内に隣接するコンパクトなスペースで行う予定で、同社は「地域漁業との連携による地場産業の活性化や、新たな技術を活用した持続可能な水産資源の未来を目指す」としている。

 JR東日本などがベンチャー企業などから新たなビジネスサービスの提案を募り、実現を目指す「JR東日本スタートアッププログラム2021」に採択された。JR東が4日、発表した。

 プログラムの詳細は、12月8日にオンラインで開かれる発表会で公表される予定。プログラムにはほかに12件が採択され、採択された企業は本年度内にテストマーケティングを行う。

 ARKは2020年12月に設立された企業で、神奈川県内に開発拠点がある。