教育、文化、芸術、スポーツ分野の功績者を表彰、会津若松市教委

 
表彰を受けた受賞者たち

 会津若松市教育委員会表彰式は3日、同市文化センターで行われ、文化芸術功労賞の樋口朝亭(ちょうてい)さん(75)ら、教育、文化、芸術、スポーツに功績があった市民らを表彰した。

 樋口さんは会津美術協会長として会津の美術振興に尽力、会津総合美術展の開催などを通して市民、美術愛好家、作家が親睦を図って芸術文化を共有できるよう取り組んだ。

 奨励賞には、全国中学生なぎなた大会試合競技個人男子の部で3位に入った斎藤侃駿(かんしゅん)さん(会津学鳳中2年)、全日本中学校陸上競技選手権大会男子四種競技で優勝した高橋駿士(はやと)さん(若松一中3年)、全国小学生陸上競技交流大会男子コンバインドAで3位に入った星丞之心(じょうのしん)君(謹教小6年)、毎日俳句大賞で最高賞に輝いた湯田一秋さん(76)の4人が選ばれた。

 また特別教育功労賞に、東京五輪陸上男子400メートル障害で準決勝に進出した山内大夢さん(22)が選ばれた。

 表彰式では寺木誠伸市教育長、室井照平市長、清川雅史市議会議長がお祝いの言葉を述べた。受賞者を代表し、樋口さんは「本日の栄誉を励みとして今後一層、教育、文化、芸術、スポーツの発展に力を尽くします」と謝辞を述べた。