柳美里さんの書店「フルハウス」、11月6日再開 南相馬

 
営業再開に向け、本の整理を行う柳さん

 南相馬市小高区在住の作家柳美里さん(53)が店長を務める書店「フルハウス」は6日から、営業を再開する。新型コロナウイルスの感染状況を考慮し8月1日から休業していたが、小高区の集いの場が約3カ月ぶりに復活する。

 店内には飛沫(ひまつ)防止のついたてなどの感染防止対策を講じている。併設したカフェのメニューには、地元の産品を生かしたパスタやサラダなどを追加した。柳さんは「今後の感染状況を踏まえ、演劇や朗読イベントなども再開する。人と人が触れ合う場所を提供したい」と話した。

 柳さんは昨年11月、米国で最も権威のある文学賞の一つ、全米図書賞の翻訳文学部門に作品が選ばれたほか、今年のみんゆう県民大賞を受賞している。

 営業時間は午前11時~午後6時(カフェのラストオーダーは同4時30分)まで。問い合わせはフルハウス(電話0244・26・5080)へ。