「現代の名工」表具師・宗像正さん 被災作品、思い出も再生

 
「作品の持ち味を生かした修復を心掛けている」と話す宗像さん

 卓越した技能を持ち、その道の第一人者とされる技能者「現代の名工」をたたえる本年度の厚生労働大臣表彰が5日発表され、福島県推薦7人、団体推薦1人の計8人が選ばれた。昨年の5人を上回り過去最多の受賞者数となった。全国で150人が選ばれた。

 県推薦の受賞者は、金属熱処理工の露木輝さん(55)=郡山市、小松製作所生産本部郡山工場、宮大工の石川吉登さん(71)=同、立川流石建、石積工の佐藤達好さん(76)=同、山好佐藤石材店、木製建具製造工の金沢良吉さん(70)=矢祭町、カナザワ建具店、表具師の宗像正さん(80)=郡山市、宗像表具店、畳工の吉田克浩さん(63)=同、吉田畳店、漆工の大森茂光さん(74)=会津若松市、大森漆器工房。また、全国鍍金(メッキ)工業組合連合会の推薦を受け、電気めっき工の斉藤伸寿さん(55)=郡山市、エム・ティ・アイ=も選ばれた。

 表具師 宗像 正さん

 「持ち主の思い出がこもった大切な品を預かる。だからこそ自分の持てる技術の全てを使って、お客さまに喜ばれるような仕事をしたい」。掛け軸やびょうぶなどの修理を手掛ける表具師として、常に向上心を持って仕事に向き合う。

 郡山市出身。郡山三中を卒業後、父新二郎さんが創業した表具店に入社した。古くなった掛け軸などの張り替えに優れた技能を持つ。作品の状態をより鮮明に確認できるようにするため独自の作業台を開発し、繊細な洗浄と修復を可能にするなど豊富な知識とアイデアを生かしている。

 東日本大震災での津波や、おととしの東日本台風で浸水被害に遭った作品を持ち込まれることもある。持ち主が一時は廃棄することを考えたほどの作品もあるが、丁寧に絵を洗って仕立て直すことで、作品に新たな魂を吹き込んでいく。「持ち主から感謝の言葉をいただくことが何よりの喜び」とやりがいを語る。

 自ら考案したミニびょうぶをテキストに、小学生らにものづくりの楽しさを伝える講義も行う。「最近は刃物の使い方も知らない子どもが増えている。和の技術を未来に伝えていきたい」と使命感に燃える。