「現代の名工」石積工・佐藤達好さん 独創工法、彫り込む伝統

 
「日本の伝統を絶やさないように後進の育成に努める」と話す佐藤さん

 卓越した技能を持ち、その道の第一人者とされる技能者「現代の名工」をたたえる本年度の厚生労働大臣表彰が5日発表され、福島県推薦7人、団体推薦1人の計8人が選ばれた。昨年の5人を上回り過去最多の受賞者数となった。全国で150人が選ばれた。

 県推薦の受賞者は、金属熱処理工の露木輝さん(55)=郡山市、小松製作所生産本部郡山工場、宮大工の石川吉登さん(71)=同、立川流石建、石積工の佐藤達好さん(76)=同、山好佐藤石材店、木製建具製造工の金沢良吉さん(70)=矢祭町、カナザワ建具店、表具師の宗像正さん(80)=郡山市、宗像表具店、畳工の吉田克浩さん(63)=同、吉田畳店、漆工の大森茂光さん(74)=会津若松市、大森漆器工房。また、全国鍍金(メッキ)工業組合連合会の推薦を受け、電気めっき工の斉藤伸寿さん(55)=郡山市、エム・ティ・アイ=も選ばれた。

 石積工 佐藤 達好さん

 「時間をかけて肉体に染み込ませた技は宝だ。伝統を後世に残したい」。約60年にわたり石材業を貫いてきた。傷痕が残る手で、精密に石に彫り込んでいく日本伝統の加工模様は秀逸だ。

 郡山市出身。小学生の頃から家業の石材店の手伝いが日課だった。安積二高(現・あさか開成高)を卒業後、都内の石材店で修業し外装や内装の技法を習得。30代で古里で開業した。

 建物の土留めなどに用いる石積み技法を独自に改良し、デザイン性や耐震性だけでなく、採石から完成までの工期を短縮させた。伝統工法の加工や仕上げは高い評価を集める。

 技能五輪全国大会出場選手の強化育成委員として後進の育成にも努める。「目標の亡き父親に、立派な石屋になった姿を見せたい」