「現代の名工」宮大工・石川吉登さん 社寺建設76、未来の手本

 
「土地に合った社寺を建て、残していくことがやりがい」と話す石川さん

 卓越した技能を持ち、その道の第一人者とされる技能者「現代の名工」をたたえる本年度の厚生労働大臣表彰が5日発表され、福島県推薦7人、団体推薦1人の計8人が選ばれた。昨年の5人を上回り過去最多の受賞者数となった。全国で150人が選ばれた。

 県推薦の受賞者は、金属熱処理工の露木輝さん(55)=郡山市、小松製作所生産本部郡山工場、宮大工の石川吉登さん(71)=同、立川流石建、石積工の佐藤達好さん(76)=同、山好佐藤石材店、木製建具製造工の金沢良吉さん(70)=矢祭町、カナザワ建具店、表具師の宗像正さん(80)=郡山市、宗像表具店、畳工の吉田克浩さん(63)=同、吉田畳店、漆工の大森茂光さん(74)=会津若松市、大森漆器工房。また、全国鍍金(メッキ)工業組合連合会の推薦を受け、電気めっき工の斉藤伸寿さん(55)=郡山市、エム・ティ・アイ=も選ばれた。

 宮大工 石川 吉登さん

 「日本の伝統的建築物を何百年も先に残していく責任がある」との自覚を胸に、県内外で社寺の建設や修繕に取り組む。

 船引町(現・田村市)出身。瀬川中を卒業して岩代町(現・二本松市)の工務店に就職。後に寺院の修復に携わるようになったことを機に、さらに道を究めたいと約300年の歴史を持つ宮大工の流派・平茂寺立川流の門をたたいた。全国の重要文化財の社寺の作りを研究してきた情熱と、卓越した技能を認められて9代目を受け継いだ。

 建ててきた社寺は76を数え、今後は埼玉県で多宝塔の建設なども控える。後進の育成にも力を注ぐ。「未来の宮大工の手本となる仕事をしたい」と意欲を燃やす。