「現代の名工」畳工・吉田克浩さん 真心込めこだわり手縫い

 
「常に丁寧な仕事を心掛けている」と話す吉田さん

 卓越した技能を持ち、その道の第一人者とされる技能者「現代の名工」をたたえる本年度の厚生労働大臣表彰が5日発表され、福島県推薦7人、団体推薦1人の計8人が選ばれた。昨年の5人を上回り過去最多の受賞者数となった。全国で150人が選ばれた。

 県推薦の受賞者は、金属熱処理工の露木輝さん(55)=郡山市、小松製作所生産本部郡山工場、宮大工の石川吉登さん(71)=同、立川流石建、石積工の佐藤達好さん(76)=同、山好佐藤石材店、木製建具製造工の金沢良吉さん(70)=矢祭町、カナザワ建具店、表具師の宗像正さん(80)=郡山市、宗像表具店、畳工の吉田克浩さん(63)=同、吉田畳店、漆工の大森茂光さん(74)=会津若松市、大森漆器工房。また、全国鍍金(メッキ)工業組合連合会の推薦を受け、電気めっき工の斉藤伸寿さん(55)=郡山市、エム・ティ・アイ=も選ばれた。

 畳工 吉田 克浩さん

 「少しでも手を抜くと、すぐに畳の仕上がりに表れる」。真心を込めて手縫いで補修し、多くの畳をよみがえらせる。

 宮城県出身。気仙沼市の畳店に生まれ、父の背中を追い、畳職人を志した。埼玉県畳高等職業訓練校を卒業後、同県の畳店で9年間、修業を積んだ。27歳の時に郡山市の「吉田畳店」の三女三智代さんと結婚し、同店の4代目を継いだ。

 畳の補修も機械化が進み畳針を持たずに作業する畳職人が増える中、昔ながらの「手縫い」にこだわる。畳表の一辺から一本ずつイグサを引き抜いて仕上げる「円形畳」を生み出した。「元よりもいい状態に直し、お客さまに喜んでもらいたい」。現在も長男晃広さんと共に畳と向き合っている。