「現代の名工」電気めっき工・斉藤伸寿さん アルミ素材にも加工

 
「メッキ業界発展のため、これからも尽力したい」と語る斉藤さん

 卓越した技能を持ち、その道の第一人者とされる技能者「現代の名工」をたたえる本年度の厚生労働大臣表彰が5日発表され、福島県推薦7人、団体推薦1人の計8人が選ばれた。昨年の5人を上回り過去最多の受賞者数となった。全国で150人が選ばれた。

 県推薦の受賞者は、金属熱処理工の露木輝さん(55)=郡山市、小松製作所生産本部郡山工場、宮大工の石川吉登さん(71)=同、立川流石建、石積工の佐藤達好さん(76)=同、山好佐藤石材店、木製建具製造工の金沢良吉さん(70)=矢祭町、カナザワ建具店、表具師の宗像正さん(80)=郡山市、宗像表具店、畳工の吉田克浩さん(63)=同、吉田畳店、漆工の大森茂光さん(74)=会津若松市、大森漆器工房。また、全国鍍金(メッキ)工業組合連合会の推薦を受け、電気めっき工の斉藤伸寿さん(55)=郡山市、エム・ティ・アイ=も選ばれた。

 電気めっき工 斉藤 伸寿さん

 「ものづくりの3本柱は科学、技術、技能。それに教育訓練と創意工夫がプラスされて、日本ならではの高い品質が保たれている」と語る。

 秋田県出身。東北大理学部を中退し、金属表面処理を手掛ける「エム・ティ・アイ」(郡山市)に入社。就職するまでメッキについて学んだ経験はなく、「先輩の姿を見よう見まねで学んだ」。現在は、同社の取締役工場長を務める。

 省人化を可能にするメッキ製造装置の開発に携わった。従来は難しかったアルミなどの素材へのメッキ加工にも成功し、カメラ部品や医療機器など幅広い製品を手掛ける。「メッキ業界発展のため、これからも力を尽くしたい」。後進の育成にも尽力する。