「現代の名工」木製建具製造工・金沢良吉さん 遊び心持ち木いじり

 
「体が続く限り木をいじり続けたい」と話す金沢さん

 卓越した技能を持ち、その道の第一人者とされる技能者「現代の名工」をたたえる本年度の厚生労働大臣表彰が5日発表され、福島県推薦7人、団体推薦1人の計8人が選ばれた。昨年の5人を上回り過去最多の受賞者数となった。全国で150人が選ばれた。

 県推薦の受賞者は、金属熱処理工の露木輝さん(55)=郡山市、小松製作所生産本部郡山工場、宮大工の石川吉登さん(71)=同、立川流石建、石積工の佐藤達好さん(76)=同、山好佐藤石材店、木製建具製造工の金沢良吉さん(70)=矢祭町、カナザワ建具店、表具師の宗像正さん(80)=郡山市、宗像表具店、畳工の吉田克浩さん(63)=同、吉田畳店、漆工の大森茂光さん(74)=会津若松市、大森漆器工房。また、全国鍍金(メッキ)工業組合連合会の推薦を受け、電気めっき工の斉藤伸寿さん(55)=郡山市、エム・ティ・アイ=も選ばれた。

 木製建具製造工 金沢 良吉さん

 「遊び心を持ちながら、余裕を持って仕事に当たった」と55年の職人生活を振り返る。

 矢祭町出身。中学卒業後、塙町の建具店に約6年間弟子入りし、技術を身に付けた。その後は東京都内で働き、27歳の時に矢祭町に戻り独立した。

 木製建具や家具などの製造に携わる傍ら、くぎを使わずに木と木を組み合わせる組子製作にも取り組んだ。2009年に開かれた第43回全国建具展示会で、長男良一さん(44)と製作した「組子入間仕切戸―春夏秋冬」を出品し、最高賞となる内閣総理大臣賞を獲得した。

 現在は若手職人の技術指導に力を注いでいる。「体が続く限り、木をいじり続けたい」と話す。