いわきの住宅火災、1人の遺体発見

 

 いわき市平下高久の住宅で5日夜に起きた火災で、いわき中央署は6日、出火したのは同市平下高久字山ノ入の男性(95)の木造2階建ての住宅だったと発表した。男性の住宅1棟が全焼し、焼け跡から1人の遺体が発見された。

 60代の男性の次男と連絡が取れておらず、同署が身元の特定を進めている。同署によると、男性は息子2人と3人暮らし。男性は煙を吸い込み、病院に搬送された。