只見川の川岸彩る赤べこランタン 柳津で「ファン大感謝祭」

 
只見川の川岸を彩る赤べこランタン

 「赤べこ伝説発祥の地」として知られる柳津町で6日、「赤べこファン大感謝祭」が開かれ、赤べこランタンの明かりが暗闇の只見川の川岸を彩った。

 疫病退散の縁起物「赤べこ」のパワーで、新型コロナウイルス感染症の影響で失われた絆や笑顔を取り戻すきっかけにしてもらおうと、NPO法人奥会津まちづくり支援機構などが初めて企画。発光ダイオード(LED)が付いた赤べこ風船のランタンをリールで揚げたほか、サプライズの花火も打ち上がった。

 来場者は日中に道の駅会津柳津で秋の味覚や音楽ライブを楽しみ、夜にはランタンや花火を見て心を癒やしていた。