朝日が丘「笑顔が見える歌声」 全日本合唱小学校の部3位

 
演奏後、笑顔で記念写真に納まる朝日が丘小の部員たち

 全日本合唱コンクール全国大会で全国3位に輝いた朝日が丘小。「今までで一番の演奏。みんなと頑張ってきて良かった」。岡部桜奈(さな)部長(6年)は過去最高の成績に充実感をにじませた。

 演奏したのは課題曲「かに」(木下牧子作曲)と自由曲「生きてる地球」(金沢智恵子作詩、大田桜子作曲)。練習では全身を使って曲の場面をイメージすることで表現力を磨いた。「生きてる地球」は多くの恵みを与えてくれる太陽への感謝を表現力豊かに、一体感のある歌声で披露し、観客を魅了した。

 コロナ禍での練習は常にマスクを着用するなど制限が多かった。それでも合言葉「笑顔が見える歌声を」を胸に岡部部長を中心に努力を重ね、最高のステージをつくり上げた。

 「心を一つに気持ちを込めて歌うことができた」と岡部部長。高橋久美子教諭は「思いがとても伝わってきた演奏だった。練習の成果を十分に発揮してくれた」と力を出し切った教え子たちをたたえた。