瓜生岩子の生涯を語る 大沼高講演会、講談師宝井琴桜さん

 
瓜生岩子の生涯を語る宝井さん

 大沼高は6日、会津美里町の同校で創立100周年記念講演会を開いた。講談師の宝井琴桜(きんおう)さんが講師を務め、「日本のナイチンゲール」とも呼ばれる喜多方市出身の社会事業家・瓜生岩子の生涯を振り返った。

 宝井さんは「瓜生岩子伝」と題して講談を披露。張り扇で机をたたきながら、孤児、貧民の救済や授産指導などに尽力した岩子の功績を紹介した。生徒たちは宝井さんの巧みな話術に引き込まれていた。

 同校は坂下高と統合され、来年度から会津西陵高としてスタートを切る。

 6、7の両日には最後の文化祭「蜂苑祭」も開かれた。