福島県アマ将棋選手権、渡辺さん優勝

 
(写真上)選手権戦で優勝した渡辺さん(中央)、準優勝の佐河さん(左)、3位の秋山さん(写真上から2番目)三段戦で優勝した小島さん(中央)、準優勝の三戸さん(左)、3位の星さん(写真上から3番目)二段戦で優勝した永井さん(中央)、準優勝の真家さん(左)、3位の管野さん(写真下)初段以下戦で優勝した藤田さん(中央)、準優勝の道士ちゃん(左)、3位の鈴木健さん

 第41回県アマ将棋選手権大会は7日、白河市のサンフレッシュ白河で開かれ、選手権戦は渡辺久記さん(福島市)が優勝した。三段戦は小島遼人さん(いわき市)、二段戦は永井拓さん(いわき市)、初段以下戦は藤田碧之助さん(棚倉町)がそれぞれ制した。

 日本将棋連盟県支部連合会、福島民友新聞社の主催、同連盟白河支部の主管。4部門に約50人が出場。感染症対策を行い、トーナメントで熱戦を繰り広げた。

 閉会式では、武蔵正憲同連合会長が「幼稚園児(の鈴木道士ちゃん)が活躍するなど楽しみな人材が出てきた。大熱戦の素晴らしい大会となった」と講評した。

 選手権戦〈1〉渡辺久記(福島)〈2〉佐河晴久(いわき)〈3〉秋山宜槻(同)▽三段戦〈1〉小島遼人(いわき)〈2〉三戸裕崇(同)〈3〉星幸治(西郷)▽二段戦〈1〉永井拓(いわき)〈2〉真家裕幸(同)〈3〉管野広光(福島)▽初段以下戦〈1〉藤田碧之助(棚倉)〈2〉鈴木道士(いわき)〈3〉鈴木健太郎(同)