郡山一中が全国3位 合唱Nコン、つらい時期乗り越え成長

 
NHK全国学校音楽コンクールで3位に当たる銅賞に輝いた郡山一=東京・府中市

 合唱の第88回NHK全国学校音楽コンクール全国コンクール(Nコン)は最終日の7日、東京・府中市の府中の森芸術劇場で中学校、小学校の両部が行われ、県勢は中学校の部の郡山一(郡山市)が3位に相当する銅賞に輝いた。小学校の部に出場した平三(いわき市)は優良賞を受けた。

 中学校の部に838校、小学校の部に379校が参加。予選を勝ち抜いた各部門11校ずつが全国コンクールの審査対象となった。中学校部門の金賞は府中四(東京)、小学校部門の金賞は七生緑(ななおみどり)(同)だった。

 全国コンクール初出場の郡山一は音楽グループ「リトルグリーモンスター」が作詞を手掛けた課題曲「足跡(あしあと)」と、自由曲として、大分市で10月末に開かれた全日本合唱コンクール全国大会でも披露した「アヴェ・レジーナ・チェロールム(幸あれ天の女王)」(S・シュトローバッハ作曲)を歌った。

 日本一に輝いた全日本合唱コンクールに続く上位入賞となった。「つらい時期もあったけど、結果的に全日本合唱もNコンもいい賞を頂くことができて良かった」。引地ほのか部長(3年)は、新型コロナウイルスの影響によるさまざまな制限を余儀なくされた3年間を振り返りながら話した。「支えてくれた人や、一緒に歌ってくれた仲間たちに感謝したい」

 小針智意子顧問は「(感染拡大でコンクールが軒並み中止となった)昨年のブランクは大きかったが、3年生はその分急成長し、かなり頑張ってくれた」と努力をたたえた。