重機の下敷き、52歳男性死亡 誤って斜面から転落、労災事故か

 

 8日午後0時30分ごろ、田村市大越町栗出の水田で「男性が(重機の)下敷きになっている」と住民から119番通報があった。田村署によると、下敷きになっていたのは同市大越町、会社員の男性(52)で、外傷性窒息のため死亡した。

 同署によると、男性は1人でバックホーを使って水田の水路の泥上げ作業中、誤って斜面から転落したとみられる。同署が労災事故として調べている。