ATMでは携帯電話の自粛を 福島県警、金融機関が声掛け強化

 
福島市で行われた運動開始の宣言式

 県警と県内の金融機関などでつくる県金融機関防犯対策協議会は9日、現金自動預払機(ATM)利用中の通話自粛を求める「ストップ!ATMでの携帯電話」運動を開始した。

 「なりすまし詐欺」では、携帯電話で指示しながらATMから現金を振り込ませる手口が増えていることから、ATM利用者への携帯電話の利用自粛などの声掛けを強化する。

 福島市で運動開始の宣言式が行われた。児嶋洋平県警本部長は「『なりすまし詐欺』防止に全力で取り組む」、同協議会長の佐藤稔東邦銀行頭取が「『ATMでの通話はしない・させない』ことを広め、県警と協力し詐欺被害防止に取り組む」と宣言した。