「浜の朝日」福島と南相馬「その女、ジルバ」若松が大賞候補入り

 

 地域を盛り上げた映画、ドラマなどの作品とそのロケ地をたたえる「第12回ロケーションジャパン大賞」で、ドラマ「その女、ジルバ」とロケ地の会津若松市、映画「浜の朝日の嘘(うそ)つきどもと」とロケ地の福島市、南相馬市がノミネートされた。雑誌「ロケーションジャパン」の主催。

 「その女、ジルバ」は会津若松市出身の漫画家有間しのぶさんの同名漫画が原作。同市北会津の古民家で主人公の実家のシーンを撮影したほか、会津鉄道門田駅などでロケが行われた。

 「浜の朝日の嘘つきどもと」は、南相馬市に実在する映画館「朝日座」を舞台に福島中央テレビなどが製作。中テレ開局50周年記念で制作された同名ドラマの前日譚(たん)に当たるストーリーで、女優の高畑充希さんが主演を務めた。各賞は来年2月17日に発表予定。