二本松・丸中建設に知事賞 建設業新分野進出、地域経済に貢献

 

 県は11日、福島市で本年度の県建設業新分野進出優良企業表彰式を行い、イチゴの生産、販売を手掛ける丸中建設(二本松市)に知事賞を贈った。

 県は、新たな分野に進出した建設業者のうち、地域経済の活性化や雇用の確保など実績を残している企業を表彰している。これまで33社が知事賞を受けている。

 丸中建設は、マルナカファームを設立し、遊休農地の課題解決に向けてイチゴ農園を開園。年間約5000人の集客を誇り、観光資源として地域経済に貢献している。新規雇用の面でも実績がある。

 内堀雅雄知事が丸中建設の遊佐憲雄社長=写真(右)=に賞状を手渡し、マルナカファームの佐々木澄江農場長=同(左)=に記念品を手渡した。