県南の狛犬巡る 9市町村の神社ツアー、写真投稿キャンペーンも

 
説明を受けながら狛犬を見学する参加者

 県南9市町村の狛犬(こまいぬ)や観光地を巡るモニターツアーは6日、白河市や中島村の神社などで行われ、参加者が各地の神社を巡りながら特色ある狛犬の姿を楽しんだ。

 同市と西白河郡、東白川郡の町村でつくる「ふくしま県南観光推進協議会」の主催。「狛犬のまち・しらかわ」PR事業の一環で、事業を受託している福島中央テレビが運営している。

 ツアーは4コースに分かれ、県県南地方狛犬ネットワークの会員が1人ずつ付き、各地で神社の由緒や狛犬の特徴などについて説明した。直売所や紅葉スポットも巡った。

 「狛犬と紅葉」投稿を

 ふくしま県南観光推進協議会は30日まで、県南9市町村の狛犬と紅葉を撮影した写真をインスタグラムに投稿してもらうキャンペーンを展開している。

 入選者には特産品と現代アーティスト小松美羽さんのアート作品を使用した「プレミアム狛犬カード」をプレゼントする。

 参加者はインスタグラムに「♯しらかわと狛犬」を付けて投稿する。問い合わせはキャンペーン事務局・福島中央テレビ営業部(電話024・923・3361)へ。