映像送信、現場「見える化」で迅速救助、郡山消防本部が試験導入

 
公開された「ライブ119」の運用訓練。現場の様子をスマホで撮影、送信できる

 郡山地方消防本部は9日から、スマートフォンを通して災害現場などの状況を確認できる映像通報システム「ライブ119」を試験導入した。電話など音声だけでは伝わりにくい現場を「見える化」し、迅速な救助につながることが期待されている。試験導入は県内初。

 スマホのカメラ機能を活用したシステムで、災害や事故などの現場にいる人が119番通報と同時に映像も送信できる。通信指令センターは、音声だけでは把握できない現場の状況確認や、映像を見ながらの救命処置の指示も可能になる。

 指令センターが、システムの活用が必要だと判断した場合、通報者に協力を依頼する。協力に同意する通報者は職員の指示に従ってスマホを操作し、現場の映像を送る。データ通信料は通報者の負担となる。

 9日は報道機関を対象とした運用訓練が公開された。訓練では、通報者らが指令センターに傷病者に救命処置を施す様子を送信する一連の対応を確認した。

 石井孝幸通信指令課主幹・課長補佐は「現場の状況把握がより効率的になることで、住民の安全と安心につながる」とシステム導入の効果を説明した。