会津若松市環境大賞に中川啓子さん、洋服で小物作り 周囲に伝授

 
猪俣副市長から表彰状を受ける中川さん(右)

 会津若松市が市民らの優れた環境保全活動をたたえる第20回市環境大賞で、中川啓子さんが最高賞の大賞に輝いた。環境賞・エネルギー部門は田代正志さんが受賞した。

 中川さんは不要になった洋服や着物を活用して小物を作ったり、小物の作り方を周囲の人に広めたりしてリサイクルに取り組んでいる。田代さんは自宅で太陽光発電パネルや電気自動車などを導入し、再生可能エネルギーの利用を進めている。

 表彰式は9日、同市の会津稽古堂で行われ、猪俣建二副市長が受賞者に表彰状を手渡した。環境に優しい学校づくりに取り組む小中学校などを認定する「学校版環境マネジメントシステム」の認定を更新された学校への登録証の伝達も行われた。

 更新校次の通り。

 城北小、一箕小、門田小、小金井小、若松四中、若松六中、一箕中、大戸中