年末へ取り締まり強化 福島県警、事故防止活動出動式

 
取り締まりに向かう白バイ

 県警は12日、今年が残り50日間となったことに合わせた交通事故防止活動「ファイナル50作戦」を始めた。年末まで取り締まりを強化する。

 昨年の県内は、12月の交通死亡事故が1年で最も多く発生した。これを受け交通部の警察官を各署に派遣するなどし、連携して交通指導や取り締まりなどを行う。出動式は同日、県警本部で行われ、交通機動隊の花見利之副隊長が出動を申告した。その後、白バイやパトカーなど約25台が次々と取り締まりに向かった。