謎解きしながら楽しく見学 富田小児童、トンネル工事の仕事学ぶ

 
工事現場を見学する児童ら

 川俣町の富田小3年生15人は12日、同町小綱木地区に整備が進む国道114号の泡吹地(あわふくじ)、関場の両トンネルの工事現場を見学し、普段入ることのできない空間で建設業の仕事に理解を深めた。

 トンネルへの理解や愛着を深めてもらい、建設業の魅力をPRしようと県北建設事務所が企画。児童に楽しんでもらうため「工事現場のダイナマイトが盗まれるという事件に小学生が巻き込まれ、謎を解きながら盗んだ犯人を捜す」との設定で行われた。

 探偵役となった児童らは、職員からトンネル工事の工程や作業員の仕事、発掘された前田遺跡について学びながら事件を"捜査"。最後には、見学中に得たヒントを頼りに犯人役の作業員を突き止め、トンネル工事の疑問と事件の両方をしっかりと解決した。