イラン伝統じゅうたん「ギャッベ」展示 猪苗代で13日から

 
開幕に向けて準備が進む展示会場

 イランの遊牧民に伝わる手織じゅうたん「ギャッベ」を紹介する展示会「秋の大アートギャッベ展」が13日から、猪苗代町のルーツライフスタイルショップで開かれる。

 ギャッベは、同国の南ペルシア地方に住む人々が羊毛を紡ぎ、草木で染めた糸を織った伝統的なじゅうたん。その高い技術や伝統はユネスコの無形文化遺産にも登録されている。中でも品質、芸術性が高い品がアートギャッベと呼ばれる。今回の会場ではアートギャッベを大小合わせて約250枚展示する。28日まで。時間は午前11時~午後5時。16、17、24日は休み。

 問い合わせは同店(電話0242・23・4339)へ。