フィンランドの美しい建物 いわき市立美術館でサーリネンの作品展

 
12月19日まで開かれている企画展「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」

 いわき市立美術館は12月19日まで、企画展「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」を開いている。

 フィンランドの建築家、デザイナーのエリエル・サーリネンは、大学の同級生と共に建築設計事務所を設立し、1900年パリ万博フィンランド館、フィンランド国立博物館などを設計した。企画展ではフィンランド建築博物館などが所蔵する作品約200点を展示。サーリネンが水彩で自筆した家具デザイン画や建物の図面をはじめ写真やパネル、映像でその功績を紹介する。

 同美術館では会期中にコンサートや講演会などの関連行事も行う。開館時間は午前9時30分~午後5時(入場は同4時30分)。月曜日は休館。観覧料は一般800円、高校・高専・大学生400円、小中学生200円。問い合わせは同館(電話0246・25・1111)へ。

【13日】映画「コロンバス」上映会とトークセッション(会場・いわきアリオス、全席自由千円、25歳以下500円)
【23日】伝統楽器コンサート(2部公演、参加無料、事前申込制で先着各50人)
【27日】スライドトーク(参加無料、先着30人)
【12月11日】講演会(参加無料、事前申込制で先着30人)