磐城が10年ぶり制覇 福島県高校ラグビー、学法福島を破る

 
優勝を決め喜ぶ磐城フィフティーン=Jヴィレッジスタジアム

 ラグビーの第67回県高校体育大会・第101回全国高校大会県大会は13日、広野町のJヴィレッジスタジアムで決勝が行われ、第1シード磐城が24―17で第2シード学法福島を破り、10年ぶり18度目の「花園」出場を決めた。

 先制を許した磐城は前半ロスタイム、CTB鈴木心(3年)がトライを奪い、前半は17―12で折り返した。後半開始直後にもPR武田龍斗(同)がトライを決め、学法福島の反撃を振り切った。磐城は12月27日に大阪府の花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。