マイナンバーカード「出張申請」始まる いわきFC選手ら手続き

 
マイナンバーカードの申請手続きを行う奥田選手(左)ら

 いわき市は11日から、マイナンバーカードを普及させるため、市内の民間企業を対象とした「出張申請」を始めた。初日は市職員が同市のいわきFCパークに出向き、サッカーJFLのいわきFCの選手らから申請を受け付けた。

 市といわき税務署が進める普及事業の一環。市職員が申請希望者10人以上いる企業に出張し、企業の会議室などを借りて受け付ける。従業員が仕事の合間などに手軽に短い時間で申請することができ、手続きに必要な証明写真の撮影もその場で行う。

 いわきFCパークでは、選手とクラブ職員合わせて約10人が申請した。その場で証明写真を撮影して申請したいわきFCのDF奥田雄大選手は「以前からマイナンバーカードを作りたいと思っていたので、出張してもらってちょうど良かった。これで確定申告が楽になる」と話した。