風評防止に「努力必要」 金子農相、福島県漁連会長らと面会

 
処理水の海洋放出方針を巡る新たな風評への対応について考えを述べる金子氏=県庁

 金子原二郎農林水産相は13日、本県を視察した。東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出方針に伴う風評を懸念する声に対し「風評被害が少なく済むよう相当な努力が必要だ」と述べ、国主導で国内外へ正確な情報発信を行う考えを示した。14カ国・地域で続く食品の輸入規制についても「一日も早い撤廃を目指す」と強調した。視察後に報道陣の取材に応えた。

 金子氏は、いわき市で県漁連の野崎哲会長と面会。野崎氏は処理水の放出反対の立場を改めて示し「漁業者の意見を伝えてほしい」と求めた。浪江町では、町内で営農を再開した農家4人や吉田数博町長と車座で意見を交わした。

 県庁では内堀雅雄知事と会談した。内堀知事は海洋放出に伴う風評に「事業者の心が再び折れることがないように取り組んでほしい」と対策充実を要望した。