福島駅で女性切り付け 69歳男を現行犯逮捕、西口広場一時騒然

 

 15日午後3時50分ごろ、福島市栄町のJR福島駅西口広場で「男が両手に持った刃物を振り回している」と110番通報があった。福島署によると、男は広場にいた80代女性の腹部を切り付け、近くにいた複数の通行人の男性に取り押さえられた。同署は傷害の疑いで男を現行犯逮捕した。女性は市内の病院に搬送されたが、意識があり命に別条はないという。

 現行犯逮捕されたのは自称・本籍山形県米沢市、住所不定、無職高橋清容疑者(69)。福島署によると、高橋容疑者は「記憶にありません」などと供述、容疑を否認しているという。同署は現場付近に落ちていた凶器とみられる小型ナイフ2本を押収した。女性は1カ所を切り付けられた。

 同署は、駅構内から出てきた高橋容疑者が地下通路につながる階段脇の植え込みの縁に座っていた女性を襲ったとみて調べている。高橋容疑者は女性と面識がないとみられ、逮捕時に現金2万円ほどを所持していたという。

 事件当時、高校生や大学生らが行き交い、周囲は一時騒然となった。友人と2人で駅に向かって歩いてきた際に事件に遭遇した女子高校生は「(高橋容疑者は)通行人に取り押さえられた後、抵抗する様子もなく静かだった」と説明。腹を切られた女性は座り込み、少し血が出ていたという。

 現場近くで働くパート女性(50)は「(女性を切り付けた高橋容疑者が)ふらふらと歩いていた」と当時の状況を振り返った。