冬の到来に備え!樹木守る「雪吊り」作業始まる 若松・御薬園

 
御薬園で始まった雪吊り作業=15日午前、会津若松市

 本格的な冬の到来に備え、会津若松市の観光庭園「御薬園」で15日、雪から樹木を守る「雪吊(つ)り」の作業が始まった。

 雪吊りは樹木の中心に支柱を立て、上から数十本の縄を枝に結ぶ。雪の重みで枝が折れたり、樹形が崩れたりするのを防ぐ効果がある。初日は御薬園とシルバー人材センターの職員計6人が作業に取り組んだ。

 作業は今月末まで続く見込み。ゴヨウマツ、キャラボクなどの常葉樹33本に雪吊りをする。冬の訪れを感じさせる地域の恒例行事で、足を止めて作業に見入る見物客の姿が見られた。