「福、笑い」おいしいよ!31店舗で提供開始 飲食店や宿泊施設

 
らん亭で提供されている炊きたての「福、笑い」

 県の新たなトップブランド米「福、笑い」を使ったメニューが、県内外の飲食店や宿泊施設31店舗で提供されている。郡山市の日本料理店「らん亭~美日庵」ではコース料理の最後に炊きたての「福、笑い」を出しており、常連客らが県産の最高級銘柄米を堪能している。

 同店のおかみ五十嵐絹枝さん(65)は「福、笑いは甘み、うまみ、香りのバランスが良く、他の最高級米に負けないおいしさ」と太鼓判を押す。白ご飯のほか旬の食材を使った炊き込みご飯などさまざまなバリエーションで提供する予定という。

 10月28日に本格販売が始まったばかりの「福、笑い」の魅力を広く知ってもらおうと、県が県内の18店舗、首都圏の13店舗と連携して15日から実施している。いずれもコメにこだわる飲食店や旅館、ホテルで、2週間程度、「福、笑い」を使ったメニューを提供する。