天栄産マカで新商品、特産品化へ チョコと甘酒の2種を開発

 
マカ入りの甘酒とチョコレート

 天栄村ブランド化推進協議会は、村で育てたマカを使った「マカチョコレート」(4個入り950円)と「天栄米マカ甘酒」(500ミリリットル入り1080円)を開発した。チョコレートは郡山市の日の出屋郡山店、甘酒は村内にある道の駅2カ所で販売している。

 マカはスパイシーな辛みと豊富な栄養価が特徴の野菜。チョコレートは同村に本店がある日の出屋の協力を得て、コクがある大人の味わいに仕上げた。甘酒にはマカと村産米を使い、郡山市の宝来屋本店の助力ですっきりとした甘さを引き出した。

 マカは栽培に手間が掛からず、主力作物のコメなどと収穫期が重ならないことから、協議会が農家の協力を得て2019年に村内で栽培を開始した。

 特産品化に向け、マカ製品の開発を進めている。

 天栄米マカ甘酒は近く、マカ製品を扱う専用の通販サイト(https://www.macachanshop.com/)からも購入可能になる。