ロボや航空宇宙の最新技術を紹介 郡山・11月20日まで見本市

 
最新のロボットやドローンなどが並ぶ会場

 ロボットと航空宇宙に関する県内最大の見本市「ロボット・航空宇宙フェスタふくしま2021」は19日、郡山市のビッグパレットふくしまで開幕した。両分野の研究に取り組む企業や大学が一堂に集い、最新の製品や技術を紹介している。20日まで。

 ロボット関連80団体、航空宇宙関連44団体が出展。災害対応や農業、医療支援などで活躍するロボットや小型無人機「ドローン」などを展示している。初日は、小名浜海星高の練習船「福島丸」でドローンの洋上試験を実施した企業の成果発表なども行われた。

 20日はエアレースパイロットの室屋義秀氏、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の池田直史氏らが講演し、オンラインでも配信する。小学生向けのプログラミング体験イベントなども開催される。来場には特設サイトから事前登録が必要。時間は午前10時~午後4時。