県職員、酒気帯び疑いで逮捕 福島、衝突事故起こし男性にけが

 

 福島北署は20日午後7時55分ごろ、酒気帯び運転と自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで福島市飯坂町字月崎町の県職員の男(43)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同市飯坂町平野字西前原の県道で、酒気帯びの状態で軽乗用車を運転。対向車線に停止していた同市飯坂町湯野字橋本の会社員の男性(55)の軽乗用車に衝突し、男性に軽傷を負わせた疑い。同署によると、現場は直線道路。容疑者の男は、右折レーンに停止していた男性の車に衝突したとみられる。