みんゆう県民大賞を受賞、会場に号外や盾 GReeeeN福島公演

 
GReeeeNの県民大賞を報じる大型号外や受賞盾に見入る来場者=20日午後、とうほう・みんなの文化センター

 第31回みんゆう県民大賞・芸術文化賞を受賞したGReeeeN(グリーン)の福島公演に合わせ、福島民友新聞社は記念の電子号外を発行し、会場のとうほう・みんなの文化センター(福島市)にスーパー号外を展示した。

 号外は、5月の受賞発表以降に福島民友に掲載された記事を再編集しGReeeeNの歩みを改めて紹介。第二の古里ともいえる本県や県民への4人の愛情を盛り込んだ。

 ファンが「3密」を避けながら号外を手にすることができるよう配慮し、ウェブサイト「みんゆうNet」からダウンロードできるようにした。

 併せて、みんゆう県民大賞の正賞の盾(「早春譜」三坂制作)や賞状も展示し、来場者の目を引いた。

 初めてGReeeeNのライブに訪れた郡山市の会社員井垣仁子さん(49)、会社員小沢礼子さん(55)は「地元で誕生したアーティストの活躍はとてもうれしい」と声をそろえた。10年以上のファンだという須賀川市の自営業三浦明香さん(43)は「県民の誇り。福島に対する思いがとても強いグループだと思う」と笑顔。娘の香愛(かな)さん(小学5年)も「かっこいい曲をたくさん歌ってほしい」と活躍に期待した。