環境保全話し合う 三春、児童生徒らによるシンポジウム

 
環境創造宣言文について話し合うパネリスト

 県環境創造シンポジウム「わたしたちのミライ プロジェクト」は20日、三春町の県環境創造センター交流棟コミュタン福島で開かれた。参加者が本県の環境保全について考えた。

 ゲストコメンテーターに郡山市出身で俳優の鈴木文健さんを迎え、広野健君(森合小6年)、鈴木穂香さん(郡山二中1年)、門馬裕佳さん(橘高2年)、平田智哉さん(葵高2年)の4人が次世代パネリストを務めた。

 パネリストたちは、ごみ問題や原発事故の風評払拭(ふっしょく)などについて話し合った。独自の環境創造宣言文を作り上げ、目標達成に向けて必要な行動項目を示した。