福島民友カップはダノンファストV 秋の福島競馬最終日メイン

 
福島民友カップを制したダノンファスト〈2〉=21日午後、福島市・JRA福島競馬場

 「秋の福島競馬」最終日を飾るメイン競走の福島民友カップ(ダート1700メートル)は21日、福島市の日本中央競馬会(JRA)福島競馬場で行われ、6番人気のダノンファスト(吉田隼人騎手)が優勝した。タイムは1分45秒1。2着に8番人気のアイオライト、3着に5番人気のスマッシングハーツが入った。

 レースは15頭立てで行われた。ダノンファストは道中を中団で進み、直線で軽快に末脚を伸ばし、逃げたアイオライトに半馬身先着した。吉田騎手は「器用さがある馬なので、うまく対応できればと考えていた。理想通りの競馬ができた」と力走をたたえ、「福島競馬場のファンの皆さんは温かく、力になった」と感謝した。

 表彰式では、藪政勝場長と中川俊哉福島民友新聞社社長が吉田騎手と関係者に目録とカップを手渡した。