クリスマスの彩りに 矢祭でプリンセチア出荷最盛期

 
出荷の最盛期を迎えているプリンセチア=22日午後、矢祭町・FUJITA農園

 矢祭町下関河内のFUJITA(フジタ)農園で、クリスマスシーズンを彩るプリンセチアの出荷が最盛期を迎えている。

 ポインセチアを品種改良したプリンセチアは花苞(かほう)と呼ばれる花の周りの部分がポインセチアより小さいのが特徴で、同園は2012(平成24)年に栽培を始めた。

 日中25度前後、夜間18度前後に保たれたハウス内は白や赤、ピンクなど色鮮やかだ。藤田玄夫代表(63)によると、12月中旬ごろまで作業を続け、県内外に約1万本を出荷するという。